お知らせ・コラム

畳のお手入れの一覧

  • 畳のお手入れ
  • よくある質問

畳のカビの対処法 カビ予防編

気温が高くなり雨が続くと
増えてくるのが、お問合せがあるのが増えるのが、カビについての質問です。

日本は湿度が高いので、新築、もしくは畳替えをして2年間ぐらいは、梅雨時期から、台風シーズンが終わるまでは、カビ予防が必要です。

どんなところにカビが生えるのか??

高温 多湿  栄養分がある
この3条件が揃うとカビは生えます

気温25度以上 湿度70%以上になるとカビは生えやすくなります。

逆に3条件の1つでも解消できればカビはほとんど生えません。

カビを出さない6箇条
・エアコンや除湿機で1日中除湿する。

(カビ対策には湿度コントロールが簡単でおすすめです)

・天気のいい日は窓を開けて換気

(湿気の多い日は逆効果です)

・畳の部屋で洗濯物は干さない

(干す場合は必ず除湿機を使ってください)

畳の上にカーペット、上敷き、布団を敷きっぱなしにしない。

・こまめに掃除する。

(から拭き、ダスキンでも可。※掃除機のかけすぎは畳を早く痛めてしまうので注意)

・和室を頻繁に使う

(よく使う和室には不思議とカビは生えません、できるだけ毎日使って下さい)

こんな部屋は要注意!!カビが出やすいので特にご注意下さい。

1.家にいないなど生活の都合上、あまり換気できない
「忙しいから」「手が回らないから」「家の窓を開けて回るのは大変」と換気を怠れば、空気も淀み湿度や室温が保たれ始め、カビにとっての好条件が揃ってしまいます。

2.冬でも床暖房やヒーター加湿器を多用し、適温を保っている。
冬は乾燥し湿度が低い季節なので、屋内で加湿器を使う方もいらっしゃいます。そして室温も快適に保てば、室内環境は冬でも春や夏のような状態を保つことができます。
人間にとって快適な空間は、カビにとっても快適なシチュエーションです。

3.気密性が高い

住みやすく快適で、外からの侵入者や害虫を防ぐこともできる良い物件です。
しかし気密性の高い物件で部屋を閉め切ったままにすると、カビが繁殖しやすくなります。

4.土地柄、湿気が多い

「どうしても湿気が多い」「家で何をしても、湿気が入ってくる、防げない」というシチュエーションでは畳にもカビが生えやすいです。除湿器やエアコンのドライを活用してください。

5.物件の都合上、日差しが当たらない・風が通りにくい
構造上もともと和室に日差しが入らない、窓を開けても窓の位置上風が通りにくい方角である、という物件は、扇風機や除湿器を活用するとよいでしょう。

カビ予防をして、和室を快適にお使い下さい。

次回は、カビが生えてしまった時の対処法について書きます。

  • 畳のお手入れ
  • よくある質問
  • お知らせ
  • 畳のこと色々

畳のカビの予防方法。雨の日が続く時は、畳の部屋のカビにご注意。

今年も梅雨入りしましたね。雨の日が続くと心配になるのはカビ。

畳の部屋に限らず、カビは、①高温 ②多湿 ③栄養分の3要素が揃うと繁殖します。

畳は、調湿効果に優れた床材です。梅雨のこの時期は湿気を吸収してくれます。畳を替えてから1~2年の新しい畳は、葉緑素という栄養分を多く含んでいるため、夏の暑い時期は、3つの条件がそろってしまうので、古い畳に比べてカビが生えやすくなります。

まずは、カビを出さないことが大事になります。

<<カビの予防方法>>

①湿度を下げる。
エアコンのドライまたは、除湿器使い除湿に努めてください。
扇風機で風を通すのも、一定の効果はあります。

②こまめに掃除をする。
頻繁に掃除をかける部屋と、ほとんど掃除をしない部屋では発生頻度が全く違います。

③部屋干しをしない。
湿度を部屋にため込むことになります。

④雨の日に窓を開けない。
湿度を部屋にため込むことになります。

⑤晴れた日には換気をする。
晴れた日でも外の湿度が高いじめっとしてる日は逆効果になりますのでお気を付けください。

⑥畳の部屋を使う。
よく使う部屋にはカビは出にくいものです。 ただし、タンスやテレビの裏や下には発生しやすのでご注意ください。

沢山書きましたが、私どもの経験上、普段のお掃除、風通しだけでも十分効果はあります。あまり難しく考えず、カビが出たら畳屋さんに相談するのもいいと思います。

 

  • 畳のお手入れ
  • 畳のこと色々

畳のお手入れ方法 畳に家具の跡がついてしまった場合

テーブルや、家具置いた跡が畳についてしまうことよくありますよね。

実は、へこみはご家庭でも直せるのです。

補修する方法を2つご紹介します。

補修手順1
1,霧吹きをへこんでいる箇所に2~3回吹きかけます。
2,手で水をへこんだ個所になじませます。
3,ドライヤーで温風を当てます。

このやり方は、裏技を紹介する番組、「伊藤家の食卓」でも紹介された方法です。
(めちゃめちゃ懐かしいですよね、この番組わかるのは30代以上の方でしょうか?)

補修手順2
タオルの上からスチームアイロンをかける。

補修手順3
厚い蒸しタオルで抑える

3つの方法ともイグサが水分を含むと膨らみ、乾燥すると元の形状に戻ろうとする性質を利用したものです。
イグサの芯の部分はハニカム構造と呼ばれるスポンジのような形状をしており、
なんと、コットンの3倍の吸水性があるんですよ(;゚Д゚)

補修作業は、畳の膨らみ具合を見ながら行ってください。
※新しい畳だと、水分と熱を当てたところが変色する可能性もあるのでご注意ください!!

『 畳へこみ補修 』で動画検索すると、それぞれの作業を説明したものがたくさんアップされています。
とても分かりやすいのでそちらも、参考にしてみてください。(光子)