一畳屋の想い

「歴史」一畳屋の想い

「技術」畳への想い

一畳屋の畳づくり技術

お客様と私たちを繋ぐ、和、畳、縁

古き良き日本人の生活風景。

畳から生まれる「和」

日本人の暮らしを足もとから支えてきた「畳」。畳の上にゴロンとなった時の郷愁にも似たあの感覚は、私たち日本人のDNAに組み込まれているかのようです。
畳は奈良時代に登場します。用途は今のベッドのようなものです。それが鎌倉時代の書院造りによって部屋全体に敷き詰めるようになります。いずれも位が高い人たちだけが使うもので、一般庶民の生活に根付くのは江戸時代のことです。畳文化は座の文化ともいえます。単なる住宅資材の一部ではなく、畳の間に人が集うことで様々な文化が生まれてきました。お茶、お花などの伝統文化は畳の上で生まれ、発展し日本人の精神文化を表す一つにもなっています。そういった意味で畳は日本の伝統文化を土台から支えてきたといえます。畳に座れば老若男女みなが同じ目線です。そこで交わされる会話、団らんによって生まれる空間は古き良き日本人の生活風景であり、まさに「和」そのものだと思います。

「和」の空間作り

和室離れ、畳離れが進む現代の住宅ではありますが、畳の間だからこそ生まれる空間や、日本の気候や生活に適した敷物としての良さを多くの人に伝え、提供していきたいと思います。私たち一畳屋は、素晴らしい畳という「和」の文化に感謝し、よりよい畳作り、空間作りに励んでまいります。

生活風景

イ草農家さんと一緒に作る畳。

「畳」という日本文化

奈良時代の昔から畳表の素材に使われてきたのはイ草です。
イ草を編んだ物が畳表になります。常に畳が生活のなかにあった日本人にとっては当たり前のことです。当たり前のことですが、よく考えてみると凄いことだと思いませんでしょうか。見るからに弱々しい“草"を耐久性が求められる敷物に使う。それが全国の住宅に普及し、代表的な日本文化として根付いています。千年以上前の人が思い付いたわけですが、その発想に驚かされます。

産地、熊本でのイ草農家さんとの出会い

イ草には弾力性・調湿性・耐久性、さらにはリラックス効果という様々な効能があります。当時の人は、いまでは科学的に証明されているこのイ草の特性を直観的に感じとって、生活に生かしたということでしょうか。畳の素材としてイ草を用いることは絶妙な選択だったわけです。その畳と切っても切れないイ草・畳表の産地である熊本県八代地方。私たちは幸運にもこの畳表のおひざ元である熊本で畳店をさせていただいています。おかげで多くのイ草農家さんと出会い、多くの畳表を見ることで自然と目利きの力を養ってきました。

イ草農家さんの魂と技術を畳に込めて

イ草は苗作りから収穫、織り上げまですべて農家さんが行います。土作り、苗作り、肥料計画、天候がその仕上りを大きく左右します。農家さんは長年の経験と勘から良質のイ草を栽培していきます。イ草がどういう状態で、天候がこういう場合には肥料や水をどれだけやるか。そういった職人技ともいえる技術がイ草の良し悪しを決めるのです。そして刈り入れたイ草を泥染めし、乾燥させ畳表に織り上げていきます。一本一本の粒揃いが良く、弾力があり、色が均一なイ草で織られた畳表は美しく艶があり、耐久性・肌触りが抜群の物に仕上がります。さらには畳表を織り上げる際も、イ草を選別し加湿することで折れや傷のない美しい織り上がりの畳表に仕上げていきます。こうして出来る畳表は農作物でありながら工業製品でもある特殊な建築素材ともいえます。この農家さんの魂と技術の結晶である畳表は作り手の人間性を色濃く反映します。

私たちは畳表の良し悪しもさることながら、農家さんの人柄に接しながら商品の品揃えをしております。イ草にこだわり、仕事にこだわることでお客様に満足いただける畳を提供していきたいと思います。

イ草農家さん

より頼りがいがある、安心できる畳店を目指して。

私たちはお客様のプライベート空間である家に上り込む仕事をさせていただいています。
だからこそ一畳屋という会社が、そしてそこで働く人間がどういう顔でどういった性格なのか、少しでも解るようにホームページやチラシなどで紹介させていただいています。
そういったものを見ていただいた上で掛けてくださる電話一本からお客様とのご縁が始まると考えております。電話の窓口で、見積もりや工事の過程で畳の話、仕事の話、人生の話など沢山の話をさせていただくことがあります。

私たちはただ畳を新しくするのではなく、このようなお客様との触れ合いも大事にして、より頼りがいがある、安心できる畳店を目指していきます。そして、数々の畳店の中から私たちを選んでいただいたご縁に感謝し、末永いお付き合いができるよう努力してまいります。

「歴史」一畳屋の想い

「技術」畳への想い